京都市副市長に都市計画局長の鈴木氏 国交省出身

2019/3/15 13:30
保存
共有
印刷
その他

京都市は15日、植村哲副市長(49)の後任に同市都市計画局長で国土交通省出身の鈴木章一郎氏(47)を起用する方針を固めた。人事議案を20日の市議会に提出する。鈴木氏は都市・交通政策など、植村氏が担ってきた各事業を担当する見通し。任期は4月1日から4年間。

鈴木氏は東京大学卒業。1995年に旧建設省(現・国交省)に入省。総合政策局の官民連携政策課長などを歴任。2017年に現職に就いた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]