2019年6月27日(木)

OPEC産油国の混乱、原油価格の上昇要因に
石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 野神隆之・首席エコノミスト

2019/3/18 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原油価格が2019年に入って上昇基調を強めている。石油輸出国機構(OPEC)やロシアなど非加盟国との協調減産延長合意にもかかわらず、18年12月はニューヨーク市場で1バレル42ドル(WTI)台まで下がったNY原油は、3月1日時点で55.80ドルまで急伸している。背景に何があるのか。石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の野神隆之氏に聞いた。

        (聞き手は松沢巌)

――今年に入…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

米中協議進展後 中国の過剰生産解消が課題[有料会員限定]

2019/3/18 17:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。