ARで水害を疑似体験 愛知工科大
(@キャンパス 中部)

2019/3/15 12:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あっという間に濁流にのまれる名古屋の繁華街――。愛知工科大(愛知県蒲郡市)の板宮朋基教授(43)の研究室が開発した防災アプリ「ディザスタースコープ」は、拡張現実(AR)の技術でそんな動画を突きつける。

国のハザードマップによると、庄内川の氾濫時に名古屋駅周辺で想定される浸水被害は1~3メートル。これら水位データを入力しておけば、スマートフォンで撮影した場にコンピューターグラフィックス(CG)の濁…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]