/

この記事は会員限定です

検証民泊 「ヤミ民泊」ルポ SNSで直接誘客が横行

少ない監視員、エアビーの対応も緩く

[有料会員限定]

ルールを定めて民泊を本格解禁した住宅宿泊事業法(民泊新法)での営業届け出が始まって1年たったが、届け出や許認可がなく違法な「ヤミ民泊」が数多く残っている。交流サイト(SNS)で相対取引が横行するほか、大手仲介サイトでも一部の家主が偽情報でヤミ物件を載せている。東京五輪を控えて民泊は訪日外国人の受け皿として期待されるが、監視員不足で行政の対応は後手に回る。利用者が増える民泊の定着に水を差さぬよう、官...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2323文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン