2019年3月21日(木)

養護学校教諭に罰金30万円、生徒に暴行 名古屋地裁

中部
2019/3/15 12:16
保存
共有
印刷
その他

男子生徒の足を蹴るなどの暴行をしたとして、暴行罪に問われた名古屋市立天白養護学校(同市天白区)教諭、稲垣達雄被告(60)=停職中=に対し、名古屋地裁(近藤和久裁判官)は14日、求刑通り罰金30万円を言い渡した。

近藤裁判官は判決理由で「教え子に一方的に暴力を振るっており、執拗で悪質だ。養護学校で教育を受ける権利が、ベテランの教師によって侵害されるという痛ましい結果を招いた」と述べた。

判決によると、稲垣被告は2017年11月、同校の校庭で高等部の男子生徒の足首を踏みつけ、太ももを蹴るなどした。

名古屋区検は18年12月に略式起訴したが、名古屋簡裁が略式命令を不相当と判断。公開の法廷での刑事裁判が開かれた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報