/

ティーコーヒー類似認めず 大阪地裁、商標権訴訟

お茶とコーヒーを混ぜた商品「ティーコーヒー」を巡り、類似の商品で商標権を侵害されたとして、商品企画などを手掛ける「エーゲル」(京都市)が「アサヒ飲料」(東京)に3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は15日までに、侵害はないとして請求を棄却した。

判決理由で高松宏之裁判長は、商標の文字部分である「TeaCoffee」は、商品の品質か原材料を示すにすぎないとした上で「文字のみでエーゲルの商品を示すとまでの認識は得られていない」と指摘。2社の商標に共通するのは文字部分のみで、類似性は認められないと判断した。

判決によると、エーゲルは2016年、京都の煎茶とコーヒーを融合させた飲み物を「ティーコーヒー」として商品化。翌17年に「TeaCoffee」の商標をイラスト付きで登録した。アサヒ飲料は18年、カフェラテとほうじ茶を合わせた商品「ワンダ TEA COFFEE」を発売した。

判決を受け、アサヒ飲料は「主張が認められたと認識している」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン