2019年3月20日(水)

花火でドローン飛行疑い 鹿児島の69歳書類送検

九州・沖縄
社会
2019/3/15 9:13
保存
共有
印刷
その他

昨年8月に開かれた鹿児島県薩摩川内市の花火大会で、飛行が制限される空域でドローンを飛ばしたとして、薩摩川内署は15日までに、市内に住む無職の男性(69)を航空法違反の疑いで書類送検した。署によると、男性は前回大会で飛行させ警告を受けており「花火より上の角度から撮影したかった」と話しているという。

書類送検容疑は昨年8月16日午後7時55分ごろ、同市の川内川花火大会の会場付近で、地表から150メートル以上の空域でドローンを飛ばした疑い。署によると、飛行が分かったため大会は約3分間中断した。

大会は1万1千発を打ち上げる大規模なもので、この時の大会は60回記念だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報