2019年8月19日(月)

米ボーイング、事故機種の出荷停止 生産は継続

2019/3/15 7:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米ボーイングは14日、2度の墜落事故を起こした新型機「737MAX」の出荷を停止した。米連邦航空局(FAA)による運航停止を受けた措置。生産は継続し、安全性が認められれば引き渡しを再開する。同型機はボーイングの売上高の3割超を占めており、停止期間が長引けば業績への影響は避けられない。

【関連記事】トランプ氏、ボーイング事故同型機の運航停止 大統領令

737MAXは米ワシン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。