2019年8月20日(火)

世銀総裁に米高官のマルパス氏就任へ、対抗馬現れず

2019/3/15 3:01
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=河浪武史】世界銀行の新総裁に、トランプ米政権で財務次官を務めるデービッド・マルパス氏が就任することが確実になった。2月から3月14日まで立候補を受け付けたが、同氏の対抗馬は現れなかった。世銀は近く理事会を開いて選任作業を進め、4月初旬までに同氏の就任を正式に決める。

デービッド・マルパス氏=AP

マルパス氏は国際担当の財務次官。2016年の大統領選でトランプ氏の経済顧問を務めるなど、大統領に近い。中国との貿易協議にも参加する対中強硬派の一人としても知られ、日本経済新聞などの取材に「世銀は中国向け融資の縮小が必要だ」などと主張してきた。

米国は世銀の最大出資国で、歴代総裁ポストを独占してきた。「米国第一」を掲げるトランプ政権の人事案に加盟国の反発も予想されたが、新興国や途上国からの対抗馬は現れず、立候補を表明したのはマルパス氏だけだった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。