/

この記事は会員限定です

救え「離職予備軍」100万人、ITで介護と両立

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

仕事と介護の両立。高齢化が進めば進むほど現役世代に重くのしかかる課題だ。介護は終わりの時期が見えないからこそ難しい。年間10万人前後が介護を理由に離職するともされ、優秀な人材の喪失は企業の成長力も左右する。政府は「介護離職ゼロ」を掲げるが、現状は厳しい。どうすればうまく両立できるのか。IT(情報技術)などを駆使して課題解決に挑む現場を訪ねた。

「そろそろ昼食を準備する時間だな」。午前11時半、飯田...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3020文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン