2019年3月23日(土)

介護事業譲渡巡り訴訟 殺害社労士と容疑者、岐阜の事件

中部
社会
2019/3/14 20:47
保存
共有
印刷
その他

岐阜県池田町で2018年8月、社会保険労務士の荒井一良さん(当時44)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された知人の幕田達也容疑者(50)が介護事業会社の経営権の譲渡をめぐって荒井さんと訴訟になっていたことが14日、分かった。愛知、岐阜両県の合同捜査本部はこうしたトラブルが事件に発展した可能性があるとみている。

訴状によると、幕田容疑者は16年9月、名古屋市中川区の介護事業会社の経営権を顧問社労士だった荒井さんに譲渡した。同容疑者は「自分が受け取るべき介護報酬約100万円が入金されていない」として、17年4月、荒井さんに損害賠償を求める訴えを起こした。

荒井さん側も法人として幕田容疑者に損害賠償を求めて提訴し、いずれの訴訟も名古屋地裁で争われている。

捜査本部は13日、死亡した職業不詳の男(当時30)と共謀し荒井さんの首を絞めて殺害したとして、幕田容疑者を殺人容疑で逮捕した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報