2019年5月20日(月)

埼玉県、キャッシュレス普及目指し協議会

南関東・静岡
2019/3/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県はキャッシュレス決済を広く普及させるため、県内の商工団体と金融機関で構成する「埼玉県キャッシュレス推進協議会」を立ち上げた。消費増税に伴う国の経済対策として、2019年度に決済端末の導入補助などが行われるのを契機に、使える店舗を増やして買い物の利便性を高める。

経済産業省は19年10月~20年6月に、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などで支払いをした人にポイントを還元する「キャッシュレス・消費者還元事業」を実施する。利用できる店舗を増やすため、補助金により店舗の端末導入費用を無料にし、決済手数料も抑える。

協議会は連携して説明会や巡回などを行い、国の事業を説明。店舗に導入を促す。キャッシュレス決済は訪日外国人などの消費の取り込みに加え、レジ締め作業の時間短縮など人手不足対策にもつながると期待されており、継続して定着させるための方策も探る。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報