/

クオリティソフト、ドローンで避難誘導 28カ国語案内

システム開発のクオリティソフト(和歌山県白浜町)は、災害発生時の避難誘導などで使えるドローンのサービスの受注を開始したと発表した。圧電スピーカーを搭載しており、入力した文章から音声データに変換して伝える。日本語だけでなく最大28カ国語のアナウンスが可能で、海外からの観光客らへの案内も可能になる。

「アナウンサードローン」という名称で受注を始めた。利用者はパソコンから告知したい内容を日本語の文章で入力する。英語や中国語、スペイン語など28種類の候補から言語を選ぶと、入力内容を自動で翻訳する。翻訳した文章をドローンに搭載するスピーカーを通じて順番に読み上げる。ドローンを近くまで飛ばしアナウンスできるため、的確な避難指示につながる。

価格はオープンだが、ドローンの機体とアナウンスの設定に必要なシステムを合わせて200万円強を想定する。自治体の防災用途に加えて、工事現場の作業員への指示などにも使えると見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン