2019年3月25日(月)

白物家電出荷額、19年度1.1%減 5年ぶりマイナス、エアコン反動減

エレクトロニクス
2019/3/14 19:11
保存
共有
印刷
その他

日本電機工業会(JEMA)は14日、白物家電の2019年度の国内出荷額見通しについて18年度比1.1%減の2兆4123億円になりそうだと発表した。前年度を下回るのは5年ぶり。18年度は猛暑の影響でルームエアコンが好調だったが、19年度は平年並みになると見る。

エアコンは6.0%減。一方で冷蔵庫は3.5%増、洗濯機は2.2%増となる。会見した柵山正樹会長(三菱電機会長)は「共働き世帯やシニア世代を中心に、家事の効率化に役立つ大型機種の需要が引き続き旺盛」とみる。18年度の国内出荷額は17年度比3.1%増の2兆4404億円となる見込み。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報