2019年8月19日(月)

ナノテク実用化などで連携 高知工科大と宇治電化学

2019/3/15 7:15
保存
共有
印刷
その他

高知工科大学(高知県香美市)と研磨総合メーカーの宇治電化学工業(高知市)は14日、研究開発や新規事業の創出、人材交流の促進などを目的とする包括連携協定を結んだ。協定に基づいて2019年中に同大学の地域連携棟に宇治電化学の研究室分室を開設する。

協定を結んだ高知工科大の磯部雅彦学長(右)と西山社長

両者はナノレベルの粒子が結集した球状構造体の共同研究を12年に始めた。共同で実用化に取り組み、今夏に歯科用接着剤として販売が予定される。化粧品や太陽電池など様々な用途への応用が見込まれるという。

高知工科大はこれまでも宇治電化学の研究員を受け入れるなどしていたが連携をより密にする。同社の西山彰一社長は「実用化を通じて新たな雇用創出にもつながるはず」と期待した。同大学が銀行を除く県内企業と協定を結ぶのは初となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。