/

この記事は会員限定です

入居者死亡の「事故物件」、若者が関心 仲介サイトも

[有料会員限定]

高齢化が進む中で、病気などで入居者が死亡した住宅をどう扱うかが課題として浮上している。時に「事故物件」と呼ばれ敬遠されることもあるが、こうした住宅を専門で仲介する動きも出てきた。安さに注目した若い層に加え、住宅探しに苦労している高齢者も関心を寄せている。

「自然死なら気にならない」

東京都内のNPOで働く女性(36)は2015年、当時住んでいたマンションの近くで空き家になった戸建て住宅を購入。夫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン