日本の部長、データを学べ GAFA独占に「待った」を
本社コメンテーター 村山恵一

2019/3/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米IT(情報技術)企業群、GAFAに対するデータ独占批判が世界的に高まっている。米国では一部の政治家が会社分割さえ叫ぶ。中国勢のBATを含め、大量の個人データを集めてデータサイエンスを駆使するプラットフォーマーの存在感は、確かに大きい。

日本でも政府や自民党が規制の検討など対策に着手した。アンフェアな行為を防ぐのは当局の大事な仕事だが、といって「強きをくじく」だけで革新は起きない。企業が人工知能…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]