2019年8月25日(日)

春季交渉 パート賃上げ、小売企業が手厚く 同一労働同一賃金の議論進む 人手不足もプラス要因

2019/3/14 18:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年の春季労使交渉では、小売りや外食企業はパート従業員の時給を高い水準で引き上げることで交渉が妥結した。流通や外食、繊維などの労働組合でつくるUAゼンセンが14日に発表した集計では、前年と比較できる組合でのパート1人当たりの賃金引き上げ幅は2.82%となり、18年実績(2.80%)や正社員1人当たりの賃上げ幅(2.39%)を上回った。正社員と非正規の格差が縮まってきている。

UAゼンセンに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。