2019年5月27日(月)
速報 > 人事 > 記事

凸版印刷、麿副社長の社長昇格を正式発表

ネット・IT
2019/3/14 18:01
保存
共有
印刷
その他

凸版印刷は14日、麿秀晴副社長(63)が社長に昇格する人事を正式に発表した。6月下旬の定時株主総会を経て就任する。金子真吾社長(68)は代表権のある会長に就く。社長交代は9年ぶりとなる。

新社長に就任する麿氏(左)と金子社長(14日、東京都文京区)

同日に都内で記者会見した麿氏は今後の抱負について「金子社長が足場を固めた構造改革と新事業、グローバル化で具体的な実績を出していく」と語った。

麿氏はトップとしての経営方針について「世の中の変化の背景には、それぞれの時代で進化したテクノロジーがある。技術に根ざし、サービスを強化していきたい」と述べた。

人工知能(AI)や、すべてのモノがネットにつながる「IoT」を活用した製造現場の生産性向上などに力を入れる方針だ。

金子社長は2010年6月に就任し、重複事業の再編など構造改革やエレクトロニクス関連や建装材などのグローバル展開を進めてきた。

新社長の麿氏は技術畑が長く、製造現場に詳しい。金子氏は後継社長に麿氏を選んだ理由について、同氏が技術系であることを挙げたうえで「新しい技術で勝負できる会社にしてもらいたい」と期待を込めた。

(篠原英樹)

麿 秀晴氏(まろ・ひではる)79年(昭54年)山形大工卒、凸版印刷入社。09年取締役、18年副社長。宮城県出身

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報