2019年5月27日(月)

知財、英語で訴訟可能に 「国際裁判部」新設検討

法務・ガバナンス
2019/3/15 2:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

産業界と法務省、最高裁が、知的財産を巡るグローバルな企業間紛争を国内で解決しやすくする制度づくりに乗り出す。特許侵害などの知財訴訟で英語の使用を認める「国際裁判部」の新設を検討する。日本企業が外国企業との紛争に国内で対応しやすくなる。2019年度中にも提言をまとめ、政府に法改正などを働き掛ける。

新たな制度を検討する協議会は「知財司法に関する経済界と司法関係者のダイアログ(対話協議)」。産業界か…

18年11月設立の京都国際調停センターは同時通訳設備を整備(京都市上京区)

法争力を問う(上) 国際仲裁 いつもアウェー[有料会員限定]

2019/1/20 17:00

法争力を問う(中) 米欧の巨人、背中遠く[有料会員限定]

2019/1/27 17:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報