/

この記事は会員限定です

実用化迫るスピントロニクス チップ性能向上の壁に挑む

[有料会員限定]

「スピントロニクス」と呼ぶ次世代の電子技術が実用化に近づいている。待機電力を大幅に削減できるチップが開発され、従来できなかった演算処理が可能になる技術も登場した。半導体技術で微細化が限界に近づき、性能向上への壁が見えてきた。この壁を打破すると期待を集める。

「すでに商品化を狙える性能だ」と東北大学の遠藤哲郎教授は力を込める。成果を半導体の国際会議ISSCCで2月に発表したところ、米グーグルや米フェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン