自動走行車の車台で日本舞踊を披露 関電が大阪城公園で実験

2019/3/14 15:06
保存
共有
印刷
その他

関西電力は14日、自動運転システム「iino(イーノ)」を使った実験を大阪城公園(大阪市)で実施した。低速で走行しながら、イーノの上で日本舞踊や三味線の演奏を披露した。モビリティシステムに日本の伝統文化を掛け合わせ、海外からの観光客に楽しんでもらう。

日本の伝統文化を外国人観光客らに楽しんでもらう(14日、大阪城公園)

イーノは時速5キロメートルほどの低速で走行する自動運転システム。高性能センサーを搭載し、あらかじめ人がマニュアルで運行して、走行ルートを覚えさせる。

カウンターバーを車台に搭載し、観光客にお茶やお菓子を提供するイーノも運行する。実験は17~21日に一般向けに公開する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]