2019年3月25日(月)

「医療IT」かけ声倒れ 診療データ共有、登録1%どまり
【イブニングスクープ】

漂流する社会保障
経済
ヘルスケア
地域総合
2019/3/14 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IT(情報技術)を活用した医療の効率化がかけ声倒れになっている。診療データを病院間で共有する全国約210の地域ネットワークの登録患者数は、国内人口のわずか1%であることがわかった。国と自治体は医療費の抑制や患者の利便性向上を狙い、計530億円を超す公費を投じたが、重複医療を解消する効果が出ていない。医療IT政策の仕切り直しが必要だ。

【関連記事】医療IT、補助金の不適切使途が次々と

■全国で210以上のネットワークが乱立

患者が病院や診療所を移ると、検査や治療、薬の処方が重複するケースがある。非効率な医療は患者の身体的な負担や医療費増につながる。

これを防ぐには病院間のデータ共有が有効とされ、国は地域医療情報連携ネットワークの整備を促してきた。中核病院や医師会が運営し、電子カルテや検査画像、処方箋を共有する仕組みだ。

日本経済新聞は「地域医療介護総合確保基金」などの補助金を受けたネットワークを調べた。その数は211。北海道の44が最も多く、大阪の…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報