2019年3月21日(木)

[FT]世界を分ける米中ブロック化の衝撃

米中衝突
ギデオン・ラックマン
FT
FT commentators
2019/3/15 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

冷戦中、世界の国々は「東ブロック」と「西ブロック」に分かれていた。その区別は、その国がワシントンとモスクワのどちらとより親密かにより決まっていた。

ベルリンの壁の崩壊から30年近くが経過した今、今度は米国と中国の間の緊張が高まり、世界には再び地政学的な境界線が誕生しつつある。そしてこれに伴い世界各国は次第に、ワシントンと北京のどちらの側に立つのかを明確にすることを求められるようになってきた。

■イ

ギデオン・ラックマン

FT commentators

チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター

Gideon Rachman 英国生まれ。英BBCや英エコノミストなどを経て2006年FTに入社。同年、現在の外交関係の論評責任者に。2016年政治分野のジャーナリストとして英オーウェル賞を受賞。著書に「Easternization」(2016年)などがある。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報