/

スピノサウルスの化石発見 西日本で初めて、和歌山

和歌山県立自然博物館(同県海南市)は14日、同県湯浅町の海岸で魚食性恐竜スピノサウルス類の歯の化石が見つかったと発表した。同博物館によると、国内3例目で、西日本では初めて。

 和歌山県湯浅町で見つかったスピノサウルス類の歯の化石(同県立自然博物館提供)=共同

化石は長さ約14ミリ、最大幅約7ミリで、根元から先端にかけて徐々に細くなっている。推定年代は約1億3千万年前の白亜紀前期。

昨年10月、大阪府東大阪市の会社員で化石採集家の宇都宮聡さん(49)が湯浅町の海岸にあった岩で発見し、東京都市大の中島保寿准教授が分析した。中島准教授は化石の表面に見られる複数の筋やエナメル質が厚いといった特徴からスピノサウルス類と結論付けた。詳しい種類は不明で、近く研究論文を発表する予定だ。

同博物館によると、スピノサウルス類は水辺で生活し、主に魚を捕食していたとされる。中には体長15メートルに達し、背びれのような帆がある大型恐竜もいた。これまでスピノサウルス類の化石は1994年と2015年に群馬県神流町で発見されていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン