2019年7月19日(金)

Drupal、日本に本格参入 企業向けCMSトップ狙う

2019/3/14 13:05
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

米アクイアのクリス・ギブスAPJジェネラルマネージャー

米アクイアのクリス・ギブスAPJジェネラルマネージャー

オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)「Drupal(ドルーパル)」を開発している米アクイアの日本法人アクイアジャパン(東京・渋谷)は2019年3月13日、都内で記者会見を開き、日本市場に本格参入すると発表した。来日した米アクイアのクリス・ギブスAPJジェネラルマネージャーは「今後12~24カ月以内に日本国内のエンタープライズCMS市場でトップになる」と意気込みを見せた。

Drupalは、複数の国でビジネスを手掛けるグローバル企業の大規模ウェブサイトの構築に使うCMSだ。数百あるいは数千のマルチサイトへのコンテンツ配信を、統一した画面から運用・管理できる。コンテンツ管理だけでなく、会員管理、キーワード検索、メール/SNS(交流サイト)/RSSへ配信などの機能をクラウド上のサービスとして提供する。

米アクイアのマイク・サリバン最高経営責任者(CEO)は「以前はウェブサイトで固定した情報を提供していればよかったが、今はSNS、電子メール、音声、チャットボット(自動応答システム)など顧客に合わせた幅広い対応が求められている」と述べ、CMSに必要な機能が急速に変化していると指摘する。Drupalを使えば、顧客ごとにパーソナライズした情報提供が可能になるという。

Drupalは国内でも、既にアステラス製薬やオーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)、良品計画三菱重工業などが利用している。アステラス製薬では、グローバル市場向けの40サイトについて、2年間で1万8000ページのコンテンツを構築した実績があるという。これまでDrupalのサポートを受けたいユーザーはアクイアと直接契約する必要があったが、これからはアクイアジャパンと契約を結び日本語でサポートが受けられる。

(日経 xTECH/日経NETWORK 根本浩之)

[日経 xTECH 2019年3月13日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。