2019年3月23日(土)

ブラジルの学校で乱射、8人死亡 元生徒2人自殺

社会
2019/3/14 9:14
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】ブラジルの最大都市サンパウロ郊外の学校で13日午前9時半ごろ、2人組の男が校内に侵入して銃を乱射した。地元当局によると、男子生徒5人を含む、8人が死亡した。ほかに二十数人の生徒らが撃たれるなどして負傷し、病院で治療を受けた。警察が学校周辺を封鎖し、動機などを捜査している。

当局によると、犠牲者8人はほかに、女性職員2人と男性1人。2人組の男はマスク姿で侵入、乱射後に2人とも自殺した。2人は17歳と25歳で、学校の元生徒だった。現場で拳銃1丁や複数のナイフ、火炎瓶、弓矢、ボーガンなどが押収された。

当局などによると、事件が起きたのは11歳から17歳までの生徒が通う公立学校で、日本の中学と高校に相当。当初、小学校と報じられていた。

ブラジルでは1月1日に就任したボルソナロ大統領が同15日、市民の銃保有規制を緩和する大統領令に署名した。犯罪の抑止策の一環として2018年10月の大統領選で掲げた主要公約の一つだったが、銃入手が容易になると懸念の声も出ていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報