2019年5月24日(金)

エチオピア墜落機のブラックボックス、フランスで解析

自動車・機械
ヨーロッパ
中東・アフリカ
2019/3/14 9:00
保存
共有
印刷
その他

【パリ=白石透冴】フランスの航空事故調査局(BEA)は13日、10日に墜落したエチオピア航空302便から回収されたブラックボックスの解析を引き受けると発表した。エチオピアには十分な解析設備がなく、欧州への依頼を決めていた。

墜落したエチオピア航空302便(11日、エチオピア)=ロイター

BEAは13日、ツイッターで「フライト記録とコックピットの音声記録の分析を助けるよう、エチオピア当局に頼まれた」などと発信した。ドイツは解析の設備がないことなどを理由に、引き受けないとこれまでに明らかにしていた。

欧米メディアによると、墜落機のパイロットは墜落の数分前、管制官に対して運航上のトラブルを報告し、空港に引き返す許可を求めていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報