/

この記事は会員限定です

ボーイング株よりも怖い金融株の行方

米州総局 大塚節雄

[有料会員限定]

13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。朝方はボーイング株の反発が指数を押し上げたが、カナダが墜落機と同型機の運航停止を決めたのに続き、午後にはお膝元の米国もトランプ大統領自らが停止を表明。同社株は一時、再び強い売り圧力にさらされた。取引終了にかけて買い戻され、ボーイング株は結局、小幅高に。引き続きボーイング問題が市場を大きく揺さぶる構図だ。

単純平均に近いダウ平均は、値がさ株のボーイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1582文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン