ロシア、シリア北西部の過激派拠点を空爆

2019/3/14 5:42
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】ロシア軍は13日、シリア反体制派の最後の主要拠点、北西部イドリブ県で過激派組織の武器保管庫を空爆した。インタファクス通信がロシア国防省の話として伝えた。同県は昨年にロシアとトルコが非武装地帯(DMZ)の設置で合意した。ロシアはトルコと調整した上で空爆したとしており、過激派掃討へ勢いを強める可能性がある。

国防省によると、空爆で国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力が武器や弾薬を…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]