2019年7月21日(日)

労使交渉、賃上げ二極化 流通・外食は前年上回る

2019/3/13 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年の春季労使交渉では、大手製造業と流通・外食などで賃上げを巡る姿勢が二極化する構図が浮かび上がった。自動車・電機の大手メーカーの賃上げ率が前年を割る一方、人手不足に悩む業種では大幅な賃上げに動く企業が目立った。IT分野を中心に「プロ人材」の獲得競争もグローバルで激化しており、賃金交渉は転機を迎えている。

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンでは、13日午後6時時点で、正社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。