2019年4月25日(木)

「コメ兵の袋はずかしい」 4代目を奮起させた言葉
リユースの旗手たち(2)

リユースの旗手たち
(1/3ページ)
2019/3/17 2:01 (2019/3/19 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「いらんものは米兵へ売ろう」。終戦後、名古屋市大須の5坪の間借りから始まった中古衣料店は、全国に40店を出店する売上高500億円企業になった。創業4代目の社長の石原卓児(46)は、メルカリが台頭するデジタル時代に老舗コメ兵を変身させようとしている。これまで来た道は景気の荒波と、改革にともなう衝突の連続だった。

【前回記事】メルカリに屈するな 「わらしべ少年」の反撃

■グッチ、14万円が9万円

「これ…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報