2019年7月22日(月)

タイ・ユニオン、アリババと提携 水産物の中国開拓に本腰

2019/3/13 21:35
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=岸本まりみ】ツナ缶世界最大手のタイ・ユニオン・グループは、中国のアリババ集団と中国市場での販路拡大で業務提携を結んだと発表した。アリババ集団の通販サイトや実店舗網を利用し、中国でサーモンやロブスターなどの水産物の販売を拡大する。これまで欧米を主力市場としてきたが、世界最大級の水産物の消費国となった中国市場の開拓に本腰を入れる。

タイ・ユニオン・グループが生産するツナ缶。同社は中国市場の開拓を急ぐ。

12日、アリババ集団のグループ企業で、生鮮品を取り扱う上海ウィンチェーン・サプライチェーンマネジメントと、業務提携に関する覚書を結んだ。同社を通じ、アリババ集団が運営するネット通販サイト「天猫(Tモール)」や小売店などでタイ・ユニオンの製品を販売する見通しだ。

ツナ缶を主力とするタイ・ユニオンは、売り上げの約7割を欧米に依存している。中国市場では2017年からロブスターやサーモンの販売を始めたが、拡販が進んでいなかった。タイ・ユニオンのティラポン・チャンシリ最高経営責任者(CEO)は、「シーフード市場が着実に拡大しているアジア、特に中国は我々の将来の成長にとって非常に重要である」とし、中国での販売を強化する考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。