2019年6月19日(水)

衆院文科委に自民改憲案 下村氏が紹介、質問の際

2019/3/13 21:07
保存
共有
印刷
その他

自民党の下村博文憲法改正推進本部長は13日の衆院文部科学委員会で、党が昨年まとめた改憲案4項目のうち「教育無償化・充実強化」の条文案を説明した。自民党は国会の憲法審査会への改憲案提示を目指しているが、憲法審開催のめどは立っていない。下村氏が文科委の質問者として党の案を先んじて紹介したことに野党が反発する可能性もある。

自民党案は憲法26条に3項として「経済的理由にかかわらず教育を受ける機会を確保」などと明記する。私学助成を巡り違憲論争がある89条にも一部変更を加える。

下村氏は、条文案を読み上げ「近年は経済的格差が問題になっている。法律では時代の変化に追い付かない。憲法を議論すべき時に来ており、問題提起した」と訴えた。「本来は憲法審で議論することだ」とも語った。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報