「ポスト習近平」は70年代生まれ? 27年最高指導部入りも

2019/3/13 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】北京で開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、1970年代生まれの若手指導者に注目が集まっている。習近平(シー・ジンピン)国家主席は長期政権を視野に入れており、後継者は60年代生まれを飛び越える可能性があるためだ。40歳代半ばの幹部候補は副省長級まで昇進し、2027年の次々回の共産党大会で最高指導部入りをうかがう。

中国語で「70後(チーリンホウ)」と呼ばれる70年代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]