花粉症に先端医療 ノバルティス、抗体医薬を国内販売

2019/3/13 20:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年もピークを迎えつつある花粉症の治療にがん治療などで使われる先端技術を応用する動きが広がってきた。鳥居薬品が免疫療法薬を2018年に投入したのに続き、スイスのノバルティスは抗体医薬技術を応用した世界初の治療薬を19年秋にも国内で販売する。気候変動の影響で欧米では患者数がさらに拡大するとみられ、新たな成長市場となっている。

花粉症はスギやヒノキなど植物の花粉が原因となって起きるアレルギー症状で、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]