2019年6月19日(水)

ゆるキャラ雪丸 ワインで親しむ 奈良・王寺、製造は大阪

2019/3/13 19:08
保存
共有
印刷
その他

奈良県王寺町の公式キャラクター「雪丸」をあしらったワインが4月上旬、発売される。製造は隣接する大阪府柏原市の老舗ワイナリー、カタシモワインフード。府県を超えた連携が商品開発につながった。

大願成就の祈祷を受けた「雪丸ワイン」「達磨寺ワイン」(奈良県王寺町の達磨寺)

奈良県王寺町の公式キャラクター「雪丸」

「雪丸ワイン」「達磨寺ワイン」など4種類。雪丸は聖徳太子の愛犬とされ、王寺町の達磨寺に少なくとも江戸中期から伝わる石像がある。ワインラベルを同寺本堂で住職が祈祷(きとう)し、縁起物としての「付加価値」を付けた。

観光や商工業振興を奈良県、大阪府の隣接する市町が共同で行う「2市2町広域観光ルート整備推進協議会」のつながりから実現した。柏原市は大阪のワインの産地で、王寺町は信貴山や法隆寺方面への起点となる商業地でベッドタウンでもある。「互いの強みを生かした連携」(王寺町)という。

ワインはカタシモの「柏原醸造ワイン」などがベース。大阪産デラウェアを使ったスパークリングワインもある。価格は720ミリリットルで税別1600円など。当初はカタシモのHPや直売所で販売する予定で、順次販路を広げる。

日本製白ワインの原料として使われる甲州ブドウは古代、シルクロードを伝って仏教と共に日本に伝来したとされており、カタシモの高井利洋社長は「ワインはストーリー。雪丸とのコラボは意義深く、訪日客や海外向けにも歴史を訴える機会になる」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報