松本市、全公立保育園にICTシステム

2019/3/14 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県松本市は2019年度から2年間かけて、全ての公立保育園にICT(情報通信技術)による業務支援システムを導入する。パソコンやWi-Fi環境を整備し、手書き業務を効率化する。女性の社会進出に伴う需要増で保育士の確保は全国的な課題。同市は現場負担を軽減することで、離職防止や採用増につなげる考えだ。

導入するのはパソコン約350台のほか、全公立保育園でのWi-Fi設備、保育園の業務支援システムなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]