2019年5月26日(日)

日本製紙、米で増産投資110億円 紙容器パルプなど強化

環境エネ・素材
2019/3/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本製紙は牛乳パックなど紙容器の原料となるパルプなどを製造している米国工場を増強する。総額約110億円を投じ、2020年5月から稼働させる。パルプの外販量は約2割増える予定で、増産分は主に中国など海外に輸出する。紙容器は脱プラスチックの動きなどを受け、需要が伸びる見通し。苦戦が続く印刷用紙に代わる成長分野として開拓を急ぐ。

子会社の日本ダイナウェーブパッケージング(NDP)が米ワシントン州に持つ…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報