日産、取締役会議長に榊原氏検討 会長は空席へ

2019/3/13 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車は経営体制の刷新に向け、首脳人事の調整に入った。日産が設置した企業統治改革のための専門委員会が3月末、現在は会長が担う取締役会議長の役割を社外取締役が務めるとの提言を出す見通し。取締役会議長には経団連前会長の榊原定征・東レ特別顧問を招く検討をしている。元会長のカルロス・ゴーン被告の後任会長は置かず空席とする方向だ。

日産はゴーン元会長の一連の不正を受け、2018年12月に企業統治体制を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]