2019年4月19日(金)

パナソニック、家電・住設売上高1兆円に 中国・北東アジアで

エレクトロニクス
中国・台湾
2019/3/13 18:45
保存
共有
印刷
その他

【上海=松田直樹】パナソニックは13日、中国と北東アジアの家電・住宅設備事業の売上高を2021年までに約1兆円に増やす計画を発表した。18年実績に比べ5割高い水準だ。家電と住宅設備を一体販売することで販路を広げる。

上海市内で開いた事業説明会で明らかにした。中国では所得水準の向上や健康への意識が高まっていることで、デザインや機能性の高い家電やトイレ、インテリアなどが人気を集めている。パナソニックは家電と住宅設備を組み合わせて高品質な居住空間を提案する方針だ。

パナソニックは4月に中国・北東アジア社を新設して、伸び悩んでいる中国の家電事業などのテコ入れを図る。新設会社の社長に就く本間哲朗専務執行役員は「現地での意思決定のスピードを上げて、最重要の中国市場を開拓していく」と強調した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報