2019年9月17日(火)

AI論文で世界一の中国、次はビジネス 研究者に聞く

2019/3/14 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)分野で中国の存在感が高まっている。関連論文の本数は米国を抜き世界首位となり、中国に拠点を置く企業や研究所は技術の実用化を急ぐ。香港のAIスタートアップ企業センスタイムで車載事業を統括する勞世●(たつへんに紘のつくり)・副総裁と、米マイクロソフトのアジア研究院(北京市)で機械学習の責任者である劉鉄岩・副院長に、AIの展望や課題を聞いた。

■勞・センスタイム副総裁「目がある機械が作業代

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。