/

この記事は会員限定です

人生100年時代 支えられ上手に

論説委員 辻本 浩子

[有料会員限定]

日本人の平均寿命が延びている。最新のデータでは男性が81.1歳、女性が87.3歳で、いずれも過去最長だ。100歳以上の人も、すでに約7万人いる。人生100年時代は、もうすぐそこだ。

この長い高齢期をいかに充実して過ごすか。就労支援や生きがいづくりは、焦眉の課題だろう。一方で、平均寿命と健康寿命との差は、残念ながらあまり縮まっていない。

誰かの助けを借りて暮らす時期は、多くの人に訪れる。人と人とのつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

辻本 浩子

カバージャンル

  • 子育て
  • 介護
  • 女性活躍
  • 家族と法

経歴

子育てや介護など、暮らしに密着した取材を長年、続けてきました。2013年から編集委員・論説委員を務めています。

家族のかたちも一人ひとりの価値観も、平成の30年間で大きく変わりました。しかし社会のシステムが多様化に対応できていません。だれもがいきいきと暮らせる社会のありようを探り続けます。夕刊文化面「文学周遊」なども担当しています。

活動実績

2018年11月26日 消費者庁・消費者志向経営推進シンポジウム パネリスト

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン