小豆島産が品質首位、国産オリーブオイルの品評会

2019/3/13 17:26
保存
共有
印刷
その他

香川県は国産オリーブオイルのナンバーワンを決める「日本オリーブオイル品評会」の受賞者を決めた。最優秀賞に相当する「農林水産大臣賞」には、一般財団法人・小豆島オリーブ公園(香川県小豆島町)の小豆島産のオリーブを使った製品が選ばれた。16日に同町で表彰式を開くほか、来客者が受賞品を試飲する機会を提供する。

同品評会は国産オリーブオイルの品質やブランド力の向上につなげようと、香川県が初めて開催した。香川や岡山、広島など7県の44社が81製品を出品し、2月に民間団体の専門家などが香りや味を審査した。

農林水産大臣賞に続く、香川県知事賞には八木農園(同町)の製品が選ばれた。香川県外では、日本オリーブ(岡山県瀬戸内市)の製品が、オリーブ植栽110周年記念事業実行委員会長賞に輝いた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]