/

この記事は会員限定です

廃アルミから水素 アルハイテック、エネルギーも地産地消

(北陸きら星)

[有料会員限定]

アルミを利用した小型の水素発生装置「エ小僧」を開発したアルハイテック(富山県高岡市)。新たなエネルギーとして注目される水素の地産地消にもつながる機器の開発のきっかけとなったのは、廃棄されていたアルミを有効活用したいという思いだった。

「これを運んで埋めてくれ」。2007年当時、トナミ運輸で環境事業を担当していたアルハイテックの水木伸明代表取締役専務は、顧客からの依頼に素直にうなずけなかった。運ぶ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン