MRI画像などAIで解析、見落とし防止や治療成績向上に
科学記者の目

2019/3/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

磁気共鳴画像装置(MRI)やコンピューター断層撮影装置(CT)で撮影した画像を人工知能(AI)などで解析し、がんを高精度で見つける「ラジオミクス」と呼ぶ研究が活発になっている。がんの種類や良性の腫瘍の識別など、専門医でも難しい画像の解析が自動でできる。治療成績の向上や、医療用画像の増加で増す医師の負担軽減につながる。

帝京大学板橋キャンパス(東京・板橋)にある、パソコンが並ぶ古徳純一教授の研究室…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]