/

この記事は会員限定です

餌型ワクチン、豚コレラ止めるか 野生イノシシに散布へ

「食べさせる」が第一関門

[有料会員限定]

豚コレラのさらなる感染拡大を防ぐため、岐阜、愛知の両県は3月下旬、ワクチンが入った餌をまいて野生イノシシに食べさせる対策を始める。餌型ワクチンの散布は国内で初めての取り組みだ。養豚業者らは「何とか終息につなげてほしい」と願うが、狙い通りに効果を上げられるかどうかは不透明だ。

日本では初めて

豚コレラが相次ぎ発生し、1万7000頭の殺処分を余儀なくされた愛知県田原市の養豚団地。農場が密集し、瓜生陽一さん(53)も飼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン