関東向け輸入貨物、神戸港を経由 BCP実験

2019/3/13 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関東向けの輸入貨物の代替ルートとして神戸港を活用する実験が始まった。同港の運営会社で国や神戸市が出資する阪神国際港湾が荷主の企業に働きかけて実現した。横浜港を含む京浜港が災害で使えなくなった場合の企業の事業継続計画(BCP)を後押しする。

11日、中国・上海からの国際フェリーが神戸港に到着。洋傘メーカー、ムーンバットが関東の百貨店などに卸す商品(約7トン)が入ったコンテナが運び出された。神戸市内…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]