2019年8月23日(金)

モラトリアム法の「遺産」10年目で幕 条件変更の報告休止に
金融取材メモ

2019/3/12 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リーマン・ショック後に、中小企業救済のためにつくられた中小企業金融円滑化法(通称モラトリアム法)の「遺産」が姿を消す。法自体の期限はすでに切れているが「遺産」は、その後も金融機関の融資姿勢に影響を与え続けてきた。法施行から10年目の今年、ついにその幕を閉じる。

旧民主党政権下の2009年12月に施行されたモラトリアム法は、銀行に金利の減免や返済猶予、返済期間の延長などを促し中小企業の返済負担を軽…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。