/

クラフトウイスキーのハイボール缶 若鶴酒造が発売

若鶴酒造(富山県砺波市)は12日、北陸唯一の蒸留所で製造したクラフトウイスキーを使ったハイボール缶「HARRY CRANES Craft Highball」(ハリークレインズ クラフトハイボール)を25日から販売すると発表した。

新たなハイボール缶は、同社の三郎丸蒸留所で製造したモルト、グレーンをブレンドしたウイスキーと炭酸水だけを使用し、スモーキーな香りと麦の素朴な味わいを引き出した。アルコール度数は9%。

350ミリリットル缶で希望小売価格は390円(税別)。初年度は14万本の売り上げを目指す。全国の酒専門店などで販売するが、14日には北陸新幹線開業4周年記念としてJR金沢駅と富山駅の「おみやげ処」で先行販売する。

若鶴酒造の稲垣貴彦ウイスキープロジェクトリーダーは「小規模の蒸留所ならではのこだわりをもって造った商品。ウイスキーマニアの方々にも手にとってもらえれば」と話している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません